柴崎岳

<サッカー日本代表>強い「大一番」柴崎合流 31日豪州戦

<サッカー日本代表>強い「大一番」柴崎合流 31日豪州戦
1 :プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/08/30(水) 10:44:23.36 ID:CAP_USER9.net
大詰めを迎えたサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選に臨む日本代表に、MF柴崎岳(ヘタフェ)が約2年ぶりに帰ってきた。31日のオーストラリア戦に勝てば6大会連続6度目のW杯出場が決まる。「やるべきことをやって選ばれたのは一つ認められた証拠。大一番には慣れているので出られたら結果を残したい」と力強い。

 J1鹿島にいた昨年、クラブW杯決勝レアル・マドリード戦で2ゴールを挙げ、今年2月、スペインへと渡った。2部のテネリフェで昇格プレーオフまで奮闘し、今季から1部のヘタフェに移籍。背番号10を任され、開幕2戦連続フル出場で存在感を示している。

 初の海外挑戦で当初は苦しんだ。「生活というか、タフな環境で異国の地でやること自体が大変。それはすべてが自分を成長させてくれるもの」と柴崎。寡黙でこれまでは多くを語らなかった25歳が堂々と考えを述べる様子には、確かな変化がある。「選手としても人間としても、こうやって大きくなっていくんだろうなと感じる」と話す口ぶりにも充実感があふれている。

 久しぶりの日本代表でも、今回招集されている多くの主力選手とは一緒にプレーして特徴は把握している。試合2日前のチーム合流と日程的には厳しい部分もあるが、調子はいい。柴崎は「プレーの幅が広がった。ボランチだけでなく、前でもサイドでも中盤なら役割を果たせる」と話す。自信を胸に、出番を待っている。【大島祥平】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-00000014-mai-socc

続きを読む

<柴崎岳>値千金のゴール!テネリフェをPO決勝へ導く!/ラ・リーガ昇格プレーオフ準決勝第2戦

<柴崎岳>値千金のゴール!テネリフェをPO決勝へ導く!/ラ・リーガ昇格プレーオフ準決勝第2戦
1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/06/19(月) 06:31:39.45 ID:CAP_USER9.net
■ ラ・リーガ昇格プレーオフ準決勝第2戦

テネリフェ1 - 0カディス 
http://www.marca.com/eventos/marcador/futbol/2016_17/promocion_ascenso/semifinal/vuelta/ten_cad/asilovivimos.html#alineaciones

34分[テ]柴崎岳 

<第1戦カディス 1-0 テネリフェ>

※2試合合計 テネリフェ1-1 カディス
<延長0-0>

リーガ・エスパニョーラ2部昇格プレーオフ準決勝(ホーム&アウェー方式)第2戦が18日に開催され、MF柴崎岳が所属するリーグ4位テネリフェが5位カディスをホームに迎えた。前半34分に生まれた柴崎のゴールで延長戦を含む120分間を1-0、2試合合計1-1で試合終了を迎えたテネリフェだが、リーグ戦上位のためPO決勝進出を決めた。

 15日にカディスのホームで行われた第1戦を0-1で落としたテネリフェは、第1戦はボランチの位置でスタートした柴崎を左サイドハーフの位置で起用。前半22分にはゴール前でFKのチャンスを得ると、柴崎がキッカーを務めたものの、直接狙ったシュートは大きく枠を外してしまった。

 しかし前半34分、右サイドを突破したMFスソのグラウンダーのクロスがファーサイドまで流れてくると、走り込んだ柴崎が冷静に蹴り込み、テネリフェが先制に成功。柴崎にとって、5月28日のリーグ第40節アルコルコン戦以来、スペイン移籍後2ゴール目となった。

 2試合合計で1-1と追い付いたテネリフェだが、90分間でPO決勝進出を決めるにはあと1点が必要。1-0とリードしたまま迎えた後半も柴崎は積極的にボールに絡んで好機を生み出そうとするが、テネリフェにゴールは生まれず。しかし、カディスにも得点を許さなかったため、2試合合計1-1のまま延長戦に突入することになった。

 延長戦に入ると、120分間で決着がつかなければリーグ戦の順位が上位であるテネリフェがPO決勝進出を決めることになるため、カディスがゴールに迫ろうとするが、粘り強い対応で決定機を作らせず。柴崎も体を張った守備で奮闘する。延長前後半の30分間でスコアは動かず、1-0のまま試合終了のホイッスルが吹かれ、2戦合計1-1ながらもリーグ戦上位のテネリフェがPO決勝進出を決めた。

ゲキサカ 6/19(月) 6:29配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-01641024-gekisaka-socc

続きを読む

テネリフェ柴崎、敗戦で地元紙が課題指摘 「アイデア欠いた」「居場所見つけられず」

テネリフェ柴崎、敗戦で地元紙が課題指摘 「アイデア欠いた」「居場所見つけられず」
1 :Marine look ★@\(^o^)/:2017/06/05(月) 22:54:44.10 ID:CAP_USER9.net
鈴木とのスペイン初日本人対決は実現せず 敗戦もテネリフェの昇格プレーオフ進出決定

 テネリフェのMF柴崎岳は、現地時間4日に行われたリーガ・エスパニョーラ2部第41節タラゴナ戦で6戦連続となる先発出場を果たした。DF鈴木大輔とのスペイン初日本人対決は実現せず、テネリフェが本拠地で0-1と敗れた。チームは昇格プレーオフ進出を決めたものの、柴崎の評価はここ最近で比較するとやや低いものとなっている。

 柴崎はトップ下の位置に入ると、前半24分には左サイドを突破してペナルティーエリア内で倒されたもののPK判定は下らず。同42分にはMFアーロンのクロスが流れたところを左足ボレー、後半5分には相手のビルドアップをパスカットしてドリブルシュートに持ち込んだが、相手GKの好セーブに阻まれた。その直後にはアーロンのシュートを導き出し、再びペナルティーエリア内で倒されたかに見えたものの、レフェリーの笛は鳴らず。逆にテネリフェは同15分にカウンターから失点し、0-1の敗戦を喫した。

 積極的にフィニッシュ、チャンスメークの場面に何度か絡んだ柴崎だったが、チームが敗戦したこともあって地元紙「エル・ドルサル」での評価は「6点、まずまず。日本人プレーヤーは自分のやりたいプレーをしていた。しかし彼にとって最高の午後とはならなかった。彼は相手チームに決定的なダメージを与えるための明確なアイデアを欠いていた」とプレーの質自体は認めつつ、最後の局面で崩せなかったことを課題として指摘している。

「デポルプレス」では「前半はパートナーを欠いた彼は居場所を見つけられず、後半に入って数メートルだけポジションを後ろにすることで、適切なポジションを取った。彼は二度PKにふさわしいシーンがあった」と判定に疑問を呈する描写もあった。

 勝ち点を落としながらもチームは6位以内に与えられる1部昇格プレーオフ出場を確定させた。昇格を懸けたプレーオフで柴崎は勝利に貢献できるだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170605-00010011-soccermzw-socc

続きを読む

<柴崎岳>待ってました!スペイン初ゴール、25歳バースデー弾でテネリフェ3戦ぶり勝利

<柴崎岳>待ってました!スペイン初ゴール、25歳バースデー弾でテネリフェ3戦ぶり勝利
1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/05/28(日) 20:55:33.27 ID:CAP_USER9.net
コメント

待ってました!柴崎岳スペイン初ゴール、25歳バースデー弾でテネリフェ3戦ぶり勝利

柴崎岳の移籍後初ゴールとなる25歳バースデー弾によってテネリフェが3戦ぶりの勝利を飾った(Getty Images)拡大写真

[5.28 リーガ・エスパニョーラ2部 アルコルコン1-3テネリフェ]

 MF柴崎岳の所属するテネリフェは28日、リーガ・エスパニョーラ2部の第40節を敵地で戦い、アルコルコンに3-1で勝利した。後半38分まで出場した柴崎は、前半31分に加入後初ゴールを決めて勝利に貢献した。

 柴崎が25歳のバースデーを自ら祝う大活躍で、チームに3試合ぶりの勝利を呼び込んだ。まずは前半10分、左サイドでタメを作ってMFアーロンにパス。アーロンがクロスを入れると、FWアントニー・ロサノがヘディングで決めて先制に成功する。

 さらに先制点の起点となった柴崎は前半31分、ティローネのスルーパスに反応した柴崎がゴール前に抜け出すと、左足でゴールネットを揺らす。柴崎はスペイン移籍後10試合目で嬉しい初ゴールになった。

 後半に入ると4分に直接FKを決められて1点を返されたテネリフェだが、後半12分にCKのこぼれ球をティローネが押し込み、勝利をグッと引き寄せる。終盤退場者を出したために、柴崎は同38分で交代となったが、10人でリードを守り抜いた。リーグ戦は残り2戦。プレーオフ出場権争いが混とんとする中で、貴重な勝ち点3を積み上げた。

ゲキサカ 5/28(日) 20:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-01640265-gekisaka-socc


<スペイン2部:アルコルコン−テネリフェ>◇28日◇アルコルコン

 スペイン2部テネリフェのMF柴崎岳(25)が28日、アウェーのアルコルコン戦で自身の誕生日にスペイン移籍後初ゴールをマークした。

 5試合連続先発となった柴崎は、1−0の前半30分、ペナルティーエリア内でパスを受け、左足でゴールを決め、出場10試合目での初ゴールとなった。

日刊スポーツ 5/28(日) 20:44配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-01831278-nksports-socc

続きを読む

<テネリフェ監督>「柴崎はスペイン1部でも活躍できる」感心するのは技術面だけではなく、ピッチの上での知性

<テネリフェ監督>「柴崎はスペイン1部でも活躍できる」感心するのは技術面だけではなく、ピッチの上での知性
1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/05/31(水) 06:47:05.40 ID:CAP_USER9.net
柴崎岳の評価がスペインで急激に高まっている。

リーグ戦では5試合連続で先発し、前節のアルコルコン戦では初ゴール決めた。

地元メディア選出のマンオブザマッチではすでに常連だが、前節はリーグ連盟の“今節の最優秀選手”のひとりにもノミネートされた。

すでに1部はシーズンが終わっているため、現在サッカーファンの注目を集めるのは1部昇格争いだ。そんな中、終盤戦の主役のひとりとなった柴崎の名は、全国に広まりつつある。

先発に固定していることからも、監督の柴崎への評価が高いのは明らかで、会見でも称賛することは多い。

それでは、具体的に柴崎のどの部分を評価しているのかー。

ホセ・ルイス・マルティ監督をテネリフェの練習場で直撃した。

パウザを与える存在

「一番はチームに“パウザ”を与えられること、だ」

柴崎の能力について問うと、マルティはそう答えた。“時間”や“タメ”というニュアンスである。彼は続けた。

「ピッチの上で常に冷静で、タメを作ることができる。彼にボールが渡ればゲームが落ち着くんだ。フリーの選手を探すのもうまい。今日のサッカー界では、そういう選手を見つけるのは簡単じゃない」

事実、ここ数試合、テネリフェのサッカーには変化が見られた。

以前は勢いよく前線へロングボールが届けられたが、今ではそこに一工夫はいるようになった。柴崎がそのための時間を作り出し、2列目から連動して崩す回数も増えた。

テネリフェにはエースFWのアマトをはじめ、ドリブラーのスソ、アーロンなど、縦への勝負が持ち味の選手が多い。はまれば爆発的な攻撃力になるのだが、単調にもなりやすい。

縦への攻撃が中心だったチームに柴崎が入り、欠けていたタメとつなぐ意識が加わり、攻撃にも幅が出つつある。

それこそが、マルティが柴崎に求めていたものだった。

つづく

豊福晋  | ライター5/31(水) 6:41
https://news.yahoo.co.jp/byline/toyofukushin/20170531-00071549/

続きを読む
記事検索
QRコード
QRコード