柴崎岳

<柴崎岳>テネリフェ昇格なら契約延長も!「複数クラブが関心」と報道も島に残留か...

<柴崎岳>テネリフェ昇格なら契約延長も!「複数クラブが関心」と報道も島に残留か...
1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/05/24(水) 17:03:44.78 ID:CAP_USER9.net
スペイン2部のテネリフェに所属する元日本代表MF柴崎岳は、クラブとの契約を延長する可能性があるようだ。現地紙『エル・ドルサル』が報じた。

 柴崎は今年に2月に鹿島アントラーズから6ヶ月間の契約でテネリフェに完全移籍。今夏で契約が満了となるが、テネリフェが1部に昇格した場合、クラブは契約を延長する意向があるのだという。

 テネリフェはリーグ第39節を終えて勝ち点60の4位(全42節)。上位2チームが自動昇格となり、3〜6位チームが1部昇格プレーオフにまわる。テネリフェは2位ジローナとは勝ち点9差、7位ウエスカとは勝ち点4差であるため、昇格プレーオフを戦う可能性は高い。

 加入当初は不安障害とも報じられ、チームのフィットに時間を要した柴崎だが、ここ最近はリーグ戦4試合フル出場を続けるなど存在感を示している。

 同紙は「彼はいくつかのクラブからの関心を集めている。リーガ・サンタンデール(=スペイン1部)のクラブもあるだろう」とし、柴崎がテネリフェ島への生活に順応してきていることも紹介している。

フットボールチャンネル 5/24(水) 12:40
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170524-00010018-footballc-socc

続きを読む

柴崎岳、テネリフェで初アシスト!映像でチェックだ(動画あり)

柴崎岳、テネリフェで初アシスト!映像でチェックだ(動画あり)
1 :仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/05/16(火) 19:20:57.95 ID:CAP_USER9.net
スペイン2部テネリフェに活躍の場を移しながらも、コンディションを崩し出場機会のなかった柴崎岳。

しかし、3月中旬あたりから徐々にプレー機会を掴み、第36節のムルシア戦から3試合連続で先発出場を果たしている。

そんな柴崎は先週末に行われたウエスカとの試合で移籍後初となるアシストをマークした(「YouTubeで見る」からご覧ください。該当シーンは最初のプレー)。

https://www.youtube.com/watch?v=MgohzgPvvXI

0-0で迎えた3分、ハーフウェーライン付近でボールを持つと、相手DFの背後にパス!

ここにFWアントニー・ロサーノが走り込み、GKのポジションをよく読んでニアサイドにシュートを沈めた。

アシストは公式記録ではないためサイトなどによっては柴崎にアシストがついていない場合もあるが、ラ・リーガ公式にはこの得点について「Assisted by Gaku Shibasaki」という記載がある。少し時間がかかってしまったが、これが嬉しい初アシストとなった。

なお、試合は2-2で終了。テネリフェは現在4位につけており、引き続き昇格プレーオフ圏内にいる。

http://qoly.jp/2017/05/16/gaku-shibasaki-assist-vs-sd-huesca-kwm-1

続きを読む

柴崎岳退団wwwwwwwwwwwwwwwww

柴崎岳退団wwwwwwwwwwwwwwwww
1 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/04/24(月) 16:40:40.07 ID:ExSuR0Qr0.net
鹿島復帰へ

続きを読む

柴崎岳が代表落選

柴崎岳が代表落選
1 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/03/22(水) 17:45:55.35 ID:w6Ej9a0m0.net
何でや

続きを読む

不安障害だった柴崎岳さん、ベンチ入りするまで回復 主将に頭を撫でられ、サポからは「ガク」コール

不安障害だった柴崎岳さん、ベンチ入りするまで回復 主将に頭を撫でられ、サポからは「ガク」コール [192973851]
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイ 7933-J7FE):2017/03/13(月) 17:25:29.64 ID:W/0o2OgD0?2BP(1000)

柴崎岳出番なし、サポーターの「ガク」コール届かず
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-01791652-nksports-socc

<スペイン2部リーグ:ヘタフェ2−2テネリフェ>◇12日◇ヘタフェ

 テネリフェMF柴崎岳(24)がアウェーのヘタフェ戦で1月の移籍加入後初めて
ベンチ入りした。出場機会はなかったが、出番を待ち切れないサポーターから「ガク」
コールが起こるなど、期待は高まるばかりだ。

 プレーはお預け。それでもチームへの適応が着実に進んでいることを感じさせた。試合
前のアップではFWクリストとじゃれあう姿が見られた。後半、300人近くの
テネリフェサポーターからは「ガク」コールが巻き起こった。試合後は主将を務める
MFスソから頭をなでられた。

 プレーオフを争う両チーム同士の一戦は、前半だけで5枚のイエローカードが乱れ
飛ぶ激しい展開となった。終了間際に追いつき敵地でドローに持ち込んだ。マルティー
監督は試合後「今日のような激しい展開、プレッシャーの試合では柴崎をリーガデビュー
させるのは適したものではないと考えた」と話した。それでも「(柴崎は)チームへ早い
順応をしている。問題は17、18、19人目の選手たちがいいパフォーマンスを見せて
いること」と期待を寄せた。

 次戦は20日のレウス・デポルティウ戦。昨年12月のクラブワールドカップ(W杯)
決勝でレアル・マドリードから2得点した日本人MFがピッチで輝くチャンスは確実に
近づいている(山本孔一通信員)

ベンチで笑顔を見せるテネリフェ柴崎(撮影・PNP)


続きを読む
記事検索
QRコード
QRコード