香川真司

<香川真司>欧州クラブからの関心が報道されている中、スペイン移籍の待望論も浮上!ドルトムントは契約延長会談を要求

<香川真司>欧州クラブからの関心が報道されている中、スペイン移籍の待望論も浮上!ドルトムントは契約延長会談を要求
1 :Egg ★@\(^o^)/ :2017/05/08(月) 17:11:24.74ID:CAP_USER9.net
ドイツ1部リーグで日本代表MF香川真司(28)の所属するドルトムントは6日(日本時間7日)ホームでホッフェンハイムに2―1で勝ち、3位に浮上した。後半35分から出場した香川は試合後、去就について「(シーズンが)終わってからという考えが強い」と明言を避けた。

 香川とチームの契約は2018年6月末までとあって、一般的に今夏が移籍か残留かを決断するタイミングとなる。ドイツ誌「キッカー」によると、ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(54)は「しっかりとしたプレーを見せてくれている」と契約延長の意向を持ちつつも「どちらの方向に進むのか。話し合いの場を設けるつもり」と、香川サイドの考えを確認する方針という。

 今季の香川は後半戦こそ好パフォーマンスを披露しているが、前半戦はトーマス・トゥヘル監督(43)の方針もあって出場機会が激減。またクラブ側も来季に向けドイツの新星と呼ばれるMFマフムード・ダフード(21)の獲得を発表するなど、中盤は人員過剰でポジション争いの激化は避けられない。

 このため、香川サイドも慎重に状況を見極めているところ。すでにニューカッスル(イングランド)など欧州クラブからの関心が報道されている中、スペイン移籍の待望論も浮上する。18年夏にはロシアW杯を控える日本の10番は、どんな結論を出すのか。

東スポWeb 5/8(月) 16:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170508-00000013-tospoweb-socc

続きを読む

ドルトムント 逆転ならず準々決勝敗退 香川フル出場、好機絡むも不発

ドルトムント 逆転ならず準々決勝敗退 香川フル出場、好機絡むも不発
1 :動物園φ ★@\(^o^)/:2017/04/20(木) 05:42:21.61 ID:CAP_USER9.net
ドルトムント 逆転ならず準々決勝敗退 香川フル出場、好機絡むも不発
スポニチアネックス 4/20(木) 5:41配信

欧州CL準々決勝のモナコ戦で競り合うドルトムントの香川(AP)

 ◇欧州CL決勝T準々決勝第2戦 ドルトムント1―3モナコ(2017年4月19日)

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)は19日(日本時間20日)、決勝トーナメントの準々決勝第2戦が行われ、日本代表MF香川真司(28)が所属するドルトムントはアウェーでモナコと対戦、1―3(2戦合計3―6)で敗れた。

 12日の第1戦はホームで2―3と敗れていたドルトムント。逆転を狙って臨んだが前半3分、モナコのムバッペに先制点を決められるとその後も攻め込まれ、17分にもファルカオに追加点を許し0―2で折り返した。

 後半に入るとドルトムントが反撃。3分にロイスのゴールで追い上げた香川もゴール前で好機を作るが、36分にモナコのジェルマンにダメ押し点を決められた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000003-spnannex-socc

続きを読む

<ドルトムントのMF香川真司>4月の大爆発を米メディア絶賛!監督のリバプール戦起用法を断罪「EL敗退は温存が影響」

<ドルトムントのMF香川真司>4月の大爆発を米メディア絶賛!監督のリバプール戦起用法を断罪「EL敗退は温存が影響」
1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/05/05(木) 07:01:27.69 ID:CAP_USER9.net
■絶好調のドルトムントで月間2位の高評価
 
ドルトムントの日本代表MF香川真司はシーズン最終盤となった4月に入り、絶好調をキープしている。
今年初めに一時出番を失った鬱憤を晴らすかのような猛烈な活躍で、今季最高のフォームを披露していると米メディアに高く評価されている。

米スポーツ情報サイト「ブリーチャー・レポート」では、「ボルシア・ドルトムントの4月トップ5ランキング」と題して、ブンデスリーガ2位のドルトムントを特集。
香川はそこで2位に選出されている。5位はFWアドリアン・ラモス、4位はMFマルコ・ロイス、3位はDFマッツ・フンメルスというハイパフォーマンスを残している実力者よりも上位に格付けされた。
1位は今季23得点32アシストという圧倒的な成績を残している「10番」のMFヘンリク・ムヒタリアンだった。

香川は4月に行われた公式戦8試合のうち7試合に出場。特にリーグ戦では4試合連続フル出場中で、4得点2アシストを記録するなど出場したすべての試合で得点に絡んだ。

現在の香川の活躍ぶりは、4得点7アシストを記録した前半戦の充実ぶりを凌ぐと評されている。

「4月はシンジ・カガワにとってまず間違いなく今季最高の月だ。2016年に入ってこれといった大きなファクターではなかったが、日本代表のプレーメーカーはこの数週間に急上昇した」

■トゥヘル監督のリバプール戦起用法を断罪
 
先月の公式戦で、唯一の欠場となったのは、7日のUEFAヨーロッパリーグ(EL)準々決勝第1戦のリバプール戦(1-1)だった。ホームでドローを演じたドルトムントは、
敵地での第2戦で一時3-1とリードしながら、3-4の大逆転負けを喫して、ベスト8で敗退となった。

記事では「今となっては後の祭りだが、トーマス・トゥヘル監督はこの背番号23にチャンスを与えるべきだった」と指揮官を断罪。
敗因の一つは、香川を90分間ベンチに置いたことだと指摘している。結果論とはいえ、香川の影響力は大きいと考えられているようだ。

5-1と大勝した前節(4月30日)のヴォルフスブルク戦では、開始10分足らずで1得点1アシストと大暴れ。
地元メディアからマン・オブ・ザ・マッチやベストイレブンに選ばれる活躍を見せるなど躍動した。
リーグ戦は残り2試合で、首位バイエルン・ミュンヘンとの差が5ポイントと逆転優勝は厳しい状況だが、バイエルンとのDFBポカール決勝も控えている。

ドルトムントはタイトル奪取のために、トップ下で輝く「小さな魔法使い」の活躍は不可欠と言えそうだ。

Soccer Magazine ZONE web 5月4日(水)23時27分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160504-00010021-soccermzw-socc

Ranking Borussia Dortmund\\\'s Top 5 Players for April
http://bleacherreport.com/articles/2637563-ranking-borussia-dortmunds-top-5-players-for-april/page/5

写真


ボルシア・ドルトムント日本語公式HP
http://www.bvb.jp/

続きを読む

「見違える選手」 独で大活躍の香川にマンU周辺“恨み節”

「見違える選手」 独で大活躍の香川にマンU周辺“恨み節”
1 :YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/04/26(火) 18:24:22.53 ID:CAP_USER*.net
いつものように好調だった。あくまで“ドイツでは”の注釈が付くが……。
独ブンデスリーガの強豪ドルトムントでプレーする日本代表MF香川真司(27)のことだ。

 23日のシュツットガルト戦に先発した香川は前半21分、左サイドからの折り返しに合わせて右足シュート。
チームの3−0勝利に貢献し、独メディアから「とても創造性のあるプレーを見せた」と大絶賛された。

 12年から2年間プレーしていた英プレミアの名門マンチェスター・ユナイテッドの地元では、
すこしばかり“風変わり”な形で評価されている。

 英メディアが、マンUを戦力外として放出されながら、移籍先で好パフォーマンスを連発、
「今みたいな輝きを放って欲しかった」選手としてセリエA・ユベントスのMFポグバ(仏代表)、
独レバークーゼンのFWエルナンデス(メキシコ代表)、仏パリSGのFWディ・マリア(アルゼンチン代表)の
世界トップクラスの3選手と同列に扱いながら「彼は見違えるような選手になった」と絶賛しているのだ。

 この英メディア報道に「同感!」と言いたいのが、日本代表関係者だろう。
10年7月にドルトムントに移籍した香川は10―11年、11―12年シーズンのリーガ優勝の立役者になっても、
マンUを経て14年8月に古巣に出戻って活躍しても、日本代表の試合になるとピリッとしないことが多いからだ。
ドイツの半分でもいいから……。日本代表関係者のホンネだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160426-00000018-nkgendai-socc

続きを読む

<香川真司>親友・長友を訪ねミラノへ! 笑顔で食事も「本当は圭佑くんに会いたいな 笑」

<香川真司>親友・長友を訪ねミラノへ! 笑顔で食事も「本当は圭佑くんに会いたいな 笑」
1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/04/25(月) 23:11:24.45 ID:CAP_USER*.net
 ドルトムントMF香川真司が、日本代表で同僚のインテルDF長友佑都を訪ねるためミラノに足を運んでいることを、自身のFacebookで明かしている。

 香川はシーズン後半戦に入り、ベンチを温める時間が続いていたが、現在3試合連続フル出場、ここ6試合で4得点と完全復活を遂げている。

一方の長友も、シーズン前半戦は放出候補として退団の危機が迫っていたが、わずかな出場機会で指揮官の信頼を得ると、先日には2019年までの契約延長も勝ち取った。

 好調を維持する2人は、日本代表の中でも仲が良いことで知られており、長友はTwitterで「今日は俺の親友がミラノに遊びに来る! 誰でしょう?」というツイートに対し、

香川が「誰が来るの? 呼ばれてないけど…」と応答。その3時間後に長友が「お客様到着致しました!」と投稿すると、香川は「何がVIPや! 20分も空港で待たしといて」と仲睦まじい掛け合いを行っていた。

 そして、その1時間後に香川がFacebookで長友と食事をしている写真をコメントとともに投稿。「ちょっとだけ親友に会いに旅にでました 久しぶりで嬉しいな」と喜びを表現する一方で、 

「本当は圭佑君に会いたいな笑」とジョークを交えることも忘れなかった。日本代表としての使命感を背負い、世界で活躍する選手たちの日常を垣間見ることのできる、微笑ましいやりとりとなった。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160425-00010019-soccermzw-socc

続きを読む
記事検索
QRコード
QRコード