岡崎慎司

岡崎慎司先発のレスター、アトレティコに敗れるも最少得点差で望みつなぐ

岡崎慎司先発のレスター、アトレティコに敗れるも最少得点差で望みつなぐ
1 :Japanese girl ★@\(^o^)/:2017/04/13(木) 05:53:40.36 ID:CAP_USER9.net
準々決勝1stレグ

■スコア

アトレティコ 1-0 レスター

■得点者

アトレティコ:グリエズマン(28分)


12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグ、アトレティコ・マドリー対レスター・シティの一戦は、ホームのアトレティコが1−0で勝利した。レスターFW岡崎慎司は先発して45分間プレーしている。

来季からのスタジアム移行が決まっているアトレティコにとって、現本拠地ビセンテ・カルデロンでCL戦を行うのは、この試合を含め最大で2試合だ。シメオネ監督就任以降、決勝トーナメントでレアル・マドリー、バルセロナ、チェルシー、バイエルン・ミュンヘン、PSV、レヴァークーゼンと数多の強豪がこの地を訪れながらも勝利を得られずに帰路に着いている、まさに「要塞」と表現するにふさわしい場所である。

そのカルデロンで、アトレティコは序盤からレスターを自陣に押し込み主導権を握る。それでも2分、最初のシュートチャンスを得たのはレスター。岡崎のロングボールからバーディーが抜け出し、左足で狙った。

アトレティコはボールを保持しながらも中々決定機を生み出せない。12分にグリエズマン、16分にサウールがそれぞれミドルレンジからシュートを打ったが、いずれもボールはバーの上に超えて行った。

焦りを募らせ始めるアトレティコに、レスターが襲いかかる。24分、左からのオルブライトンのクロスに岡崎が飛び込んだ。これは日本代表FWにわずかに合わずも、鋭い攻撃で相手ゴールに迫る。

だがアトレティコは、攻撃に重心を傾けたレスターに生まれた隙を見逃さなかった。26分、間延びした中盤のスペースを利用してグリエズマンが左サイドをぶち抜く。50メートルほどを独走した後、アトレティコのエースはペナルティエリアに差し掛かったところでオルブライトンに倒され、PKを獲得。これをグリエズマン自身がきっちり決め、アトレティコが先制に成功した。

レスターのシェイクスピア監督は、後半開始から岡崎に代えてキングを投入する。そのレスターは59分、マフレズが個人技でペナルティエリアに入り込み、ガビのファールを誘うように倒れる。が、ここでは主審の笛は鳴らず、PK獲得とはならない。

0−1というスコアは、両者に微妙なさじ加減を要求する。アトレティコは追加点を狙って逆襲を受け、同点にされることを嫌いリスクを最小限にとどめつつ攻撃を仕掛ける。一方のレスターはセカンドレグを見据えると十分逆転可能な点差であることから、追いつくよりも2失点目を避ける意識が働いた。

残り時間が少なくなるにつれて守備を強固にするレスターに対して、アトレティコはこれを崩せなかった。ファーストレグは1-0でホームチームが勝利。セカンドレグは18日に行われる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00000041-goal-socc

続きを読む

レスター岡崎が号泣FW浅野に緊急提言! 消極的横パスの改善には「海外に行くしかない」

レスター岡崎が号泣FW浅野に緊急提言! 消極的横パスの改善には「海外に行くしかない」
1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/09(木) 05:13:49.28 ID:CAP_USER9.net
脆弱性を示したデュエル改善には「球際の激しいところでプレーすればレベル上がる」

プレミアリーグを制した男の言葉には強い説得力が感じられた。
ハリルジャパンは7日のボスニア・ヘルツェゴビナ戦で、守備陣のデュエルにおける脆弱性とFW浅野拓磨(広島)の同点機での消極的な横パスなど課題が露呈したが、
日本代表FW岡崎慎司(レスター)が課題克服のために国内組に海外移籍を提言している。

岡崎も先発出場した7日のキリンカップ決勝ボスニア・ヘルツェゴビナ戦で日本は、前半28分にMF清武弘嗣(ハノーバー)のゴールで幸先良く先制しながら、
バヒド・ハリルホジッチ監督が強調するデュエル(1対1の競り合い)での脆弱性を、フィジカルに優れるボスニア相手に露呈。
不用意な守備からの失点と決定力不足を露呈し、1-2の逆転負けを喫した。
7-2で大勝した3日のブルガリア戦では開始3分に電光石火のヘディング弾を決めた岡崎も、この日は沈黙。
代表通算49得点を誇るエースも決定力の向上は永遠の課題と指摘し、
決定力不足とデュエルの面でレベルアップするためには、海外リーグ挑戦が近道になると指摘している。

「(シュートの課題は変わらずだが)まあ、でもそれは日本人にない部分なので。それを感じるのは当然のこと。
(解決のために)一つのプランでいうと海外に行くこと。もう一つはCBが早くそのレベルに行くというのもデカいかな。
それくらい球際のところで激しくプレーすればレベルが上がるはず」

ボスニア戦では1-2のビハインドで迎えた後半ロスタイムに、FW浅野拓磨(広島)がエリア内右でチャンスを迎えたが、シュートではなくゴール前へのパスを選択。
しかしパスはDFにクリアされると、こぼれ球を詰めた清武のシュートも枠を大きく外れて同点のチャンスをフイにした。
浅野は試合後に悔し涙を流したが、岡崎はシュートへの強い意識を持たなければ成長はないと厳しくダメ出し。
次世代の選手たちに向けては、海外仕様への意識改革が必要だと説いている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160608-00010020-soccermzw-socc
Soccer Magazine ZONE web 6月8日(水)22時54分配信



続きを読む

<レスター岡崎>試合数増で今夏補強へ…幹部が明かす!「多分3、4人の新戦力を加えることになる」

<レスター岡崎>試合数増で今夏補強へ…幹部が明かす!「多分3、4人の新戦力を加えることになる」
1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/05/19(木) 07:27:32.71 ID:CAP_USER9.net
 プレミアリーグ初優勝を飾ったレスターが、今夏の移籍市場で3、4人の選手の獲得を考えていることが分かった。

 オーナーのビチャイ・スリバダナプラバ氏の息子で、クラブ副会長を務めるアイヤワット・スリバダナプラバ氏が明かした。

 アイヤワット氏はロイター通信の取材に「来季は(欧州CLも含めて)試合数が多くなる。多分3、4人の新戦力を加えることになる」と話した。

 アイヤワット氏は移籍市場に投じる予算については言及しなかったが、ラニエリ監督は獲得するのは高額なスター選手ではないと説明。「スーパースターを連れてくることは重要ではない。大事なのは我々と同様に気持ちでプレーできる選手を連れてくることだ」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160518-00000191-nksports-socc

続きを読む

パイェや岡崎同僚カンテの名も… フランス代表メンバー発表 (GOAL)


1 :Twilight Sparkle ★@\(^o^)/:2016/05/13(金) 09:16:48.67 ID:CAP_USER9.net
GOAL  5月13日(金)6時19分配信

フランス代表は12日、EURO2016の登録メンバー23人と予備メンバー8人を発表した。

ディディエ・デシャン監督は、今シーズンのプレミアリーグで活躍したFWディミトリ・パイェ(ウェスト・ハム)とMFヌゴロ・カンテ(レスター・シティ)を招集。
一方で、MFモルガン・シュネデラン(マンチェスター・ユナイテッド)は予備メンバーになった。ニースでの活躍でこの夏のバルセロナ移籍が噂されているFWハテム・ベン・アルファも予備メンバーだ。

FWカリム・ベンゼマ(レアル・マドリー)を招集しない意向を以前に明かしていた前線には、アントニー・マーシャルやキングスレー・コマンら若い力が呼ばれている。

(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
引用元:Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160513-00000041-goal-socc


※関連板 http://wc2014.2ch.net/livefoot/ サッカーch
※関連板 http://hanabi.2ch.net/soccer/ 国内サッカー
※関連板 http://hanabi.2ch.net/football/ 海外サッカー

続きを読む

<レスター>FWバーディーは残留の意向!監督への信頼示す「来年にはCLも控えている。僕はここで満足」

<レスター>FWバーディーは残留の意向!監督への信頼示す「来年にはCLも控えている。僕はここで満足」
1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/05/10(火) 08:39:49.16 ID:CAP_USER9.net
15-16イングランド・プレミアリーグで、レスター・シティ優勝の立役者となったエースストライカーのジェイミー・バーディーが、来季以降も同クラブに残留すると明言した。

 バーディーは今季、リーグ戦で24得点を挙げてレスターの快挙をけん引し、イングランド代表にも召集されるなど大躍進を見せ、ビッグクラブへの移籍がうわさされていた。

 しかし29歳のバーディーは、来季以降も欧州チャンピオンズリーグやリーグ連覇など、大きな仕事を控えるレスターに忠誠を誓っている。

「僕らはリーグを制したばかりで、来年にはチャンピオンズリーグも控えている。僕はここで満足しているんだ」

 今季の活躍が評価され、イングランドサッカー記者協会選出の年間最優秀選手になったバーディーだが、念願のプレミア制覇を可能にしたのはチームによるところが大きく、自分のシュートセンスだけで成し遂げることはできなかったと感じているようだ。

 バーディーはまた、年明けのFAカップ(FA Cup 2015-16)でトッテナム・ホットスパーに敗れた後、クラウディオ・ラニエリ監督に与えてもらった1週間の休暇が、チーム躍進のカギになったと分析している。

 リフレッシュ休暇を経て、レスターの面々は気持ちを立て直し、2月上旬のマンチェスター・シティ戦に3-1で勝利すると、そのまま勢いに乗ってタイトル獲得に突き進んだ。

「あの休暇は、チームにとって完璧に作用した。夜な夜な飲み歩く選手は一人もいなかった。リラックスして、家族と時間を過ごし、そこからトレーニングに入ることができた」

「FAカップでは敗退したけど、監督がチームに1週間の休暇をくれたから、気持ちをしっかりと切り替えて、充電することができたんだ」

 同期間に、メンバーの多くがドバイへ行ったことを明かしたバーディーは、選手に休みを与えるというラニエリ監督のアイデアについて、「あの瞬間、監督があのような考えをしてくれただけでも、チームを大事に思ってくれていることが伝わったし、僕らの頑張りを評価してくれていると感じた」と振り返っている。

「あれは最高のアイデアだった。ずっと日光浴をしていたのを覚えている。同じホテルにはサンダーランドが泊まっていたんだけど、向こうはビーチを走ったり、トレーニングをしたりしていたよ」

「彼らがトレーニングをしているのを見ながら、リラックスするのは、なかなか最高の気分だった」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160510-00000002-jij_afp-socc

続きを読む
記事検索
QRコード
QRコード