2018年07月

サッカーRSS
サッカー以外のRSS

<香川真司>「W杯16強クラックBEST11」に選出!ロナウドやメッシ、イニエスタらと並び、“理想の11人”に名を連ねる

<香川真司>「W杯16強クラックBEST11」に選出!ロナウドやメッシ、イニエスタらと並び、“理想の11人”に名を連ねる
1 :Egg ★:2018/07/08(日) 11:39:37.72 ID:CAP_USER9.net
ロナウドやメッシ、イニエスタらと並び、“理想の11人”に名を連ねる
 
ロシア・ワールドカップ(W杯)の戦いは準々決勝に突入。今大会はベスト16で2010年南アフリカ大会優勝のスペイン、
天才FWリオネル・メッシ擁するアルゼンチン、2016年欧州選手権王者のポルトガルが姿を消した。

海外メディアはベスト8に進めなかったチームからクラック(名手)のベストイレブンを選出。
メッシやポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドらと並び、日本代表MF香川真司が名を連ねた。

「彼らはすでに去った。これほどのタレントがもういない。ロシアW杯にはまだ多くの才能が残っているが…常に彼らのような名手を恋しくなるだろう」

こうツイッターでメッセージを綴ったのは、衛星放送「FOXスポーツ」メキシコ版だ。
同局は投稿で「ベスト8に進めなかったクラックの理想的ベストイレブン」と題した布陣図を公開。決勝トーナメント1回戦で姿を消した名手のなかから、ベストの11人を選出している。

フォーメーションは3-4-3で、守護神はブラジル戦でも好セーブを連発したメキシコのGKギジェルモ・オチョア。
最終ラインは右からコロンビアのDFサンティアゴ・アリアス、スペインのDFセルヒオ・ラモス、アルゼンチンのDFニコラス・オタメンディが並んだ。

中盤はデンマークMFクリスティアン・エリクセンとスペインMFセルヒオ・ブスケッツが中央でコンビを形成。
サイドにJ1ヴィッセル神戸への加入が決まっているスペインMFアンドレス・イニエスタと香川が配置された。

香川は今大会、ライバルのMF本田圭佑を抑えてトップ下のレギュラーに君臨。グループリーグ初戦のコロンビア戦では先制PKを決め、
決勝トーナメント1回戦ではベルギーの激しいプレッシャーにもほとんどボールを失わず、卓越したテクニックで懸命にゲームメークした。

3トップはメッシとロナウドの二大巨頭に加え、センターフォワードにコロンビアFWラダメル・ファルカオが入った。
世界のスター選手が揃うなかでの香川の選出は、世界的な評価を高めたという意味で価値があるものと言えるだろう。

7/7(土) 20:40配信 Football ZONE web
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180707-00120074-soccermzw-socc

写真


続きを読む

本田圭佑→大阪府出身 香川真司・岡崎慎司→兵庫県出身 乾貴士→滋賀県出身

本田圭佑→大阪府出身 香川真司・岡崎慎司→兵庫県出身 乾貴士→滋賀県出身
1 :名無し募集中。。。:2018/07/05(木) 08:47:31.52 0.net
関西すげーな

続きを読む

<本田圭佑>「清々(きよきよ)しい」誤読を華麗に反省!「お恥ずかしい。漢字が苦手で。でも、もうしっかり覚えました」

<本田圭佑>「清々(きよきよ)しい」誤読を華麗に反省!「お恥ずかしい。漢字が苦手で。でも、もうしっかり覚えました」
1 :Egg ★:2018/07/04(水) 20:00:14.64 ID:CAP_USER9.net
サッカー日本代表MFの本田圭佑選手(32)が2018年7月4日夜、「清々(すがすが)しい」を間違えて「きよきよしい」と読んでいた件について、「お恥ずかしい」とツイッターで反応した。

 本田選手の誤読があったのは、ロシアW杯・ベルギー戦から一夜明けた現地3日のインタビューでのこと。ベスト16敗退に終わったW杯を振り返る形で、「きよきよしい」と述べたことに、インターネット上でツッコミが相次いでいた。

■「でも、もうしっかり覚えました」

 本田選手は4日18時過ぎに更新したツイッターで、J-CASTニュースが同日昼に配信した「本田圭佑、W杯終え『きよきよしい』 『清々しい』を誤読?で総ツッコミ」という記事を紹介。その上で、

  「お恥ずかしい。漢字が苦手で。でも、もうしっかり覚えました」

とコメントした。

 この投稿は約1時間で6000回以上のリツイート、2万5000件以上の「いいね」を集めるなど大きな話題に。投稿のリプライ(返信)欄には、

  「自分の恥ずかしい部分を認める男はかなりカッコイイと思います」
  「素直に間違いを認めるところ流石の人間力」
  「本田選手にもそんなミスあるんだなと驚きですが、言い訳しないところさすがです」

など、自らの誤りを認めた本田選手を称える声が続出。お笑い芸人の間寛平さん(68)も、「あなたは凄い」とのリプライを送っていた。

 話題の「きよきよしい」という誤読は、3日深夜放送の「NEWS ZERO」(日テレ系)が伝えた本田選手の最新インタビューで飛び出したもの。ロシア大会を最後にW杯の舞台から去る旨を明かしていた本田選手は、敗退後の心境について、

  「なんというんですかね、え〜『きよきよしい』というか...。すごく、自分の中では気持ちの切り替えができている部分があります」

と語っていた

7/4(水) 19:43配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000011-jct-ent

写真


続きを読む

【ロシアW杯】乾貴士がMOMに! 英メディア『BBC』が選出「日本は悲しみに終わったが、彼はとても素晴らしかった」

【ロシアW杯】乾貴士がMOMに! 英メディア『BBC』が選出「日本は悲しみに終わったが、彼はとても素晴らしかった」
1 :pathos ★ :2018/07/03(火) 06:30:30.93 ID:CAP_USER9.net
【日本 2-3 ベルギー ロシアワールドカップ決勝トーナメント1回戦】

 現地時間3日にロシアワールドカップ決勝トーナメント1回戦が行われ、日本代表はベルギー代表と対戦し2-3の敗戦を喫した。日本は惜しくも敗れたが、英メディア『BBC』は勝者のベルギーからではなく、日本からMOM(マン・オブザ・マッチ)を選出している。

 試合開始して48分に原口元気が先制点を決めると、52分には乾が追加点を決めた。2点リードした日本だったが、69分にヤン・ベルトンゲン、74分にはマルアン・フェライニにゴールを決められ同点に追いつかれてしまう。そして、後半アディショナルタイムにはナセル・シャドリに決勝点を決められ、日本は2-3の敗戦を喫している。

 同メディアは日本の乾貴士をMOMに選出した。寸評では「それは悲しみに終わった。しかし、日本の乾貴士はとても素晴らしかった。左サイドを駆け回り、日本のためにゴールも決めた」とコメントしている。

フットボールチャンネル編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180703-00279458-footballc-socc

続きを読む

伊メディア柴崎岳&乾貴士を絶賛「なんてクオリティだ」川島を酷評「2失点の責任」

伊メディア柴崎岳&乾貴士を絶賛「なんてクオリティだ」川島を酷評「2失点の責任」
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2018/07/03(火) 14:07:47.11 ID:++xJFM3n0.net ?2BP(1000)

伊メディア柴崎岳&乾貴士を絶賛「なんてクオリティだ」川島には酷評「2失点の責任」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00000013-goal-socc

続きを読む
記事検索
QRコード
QRコード