相互リンク募集中
記事内のコメントまたは、サイドバーのメッセージより連絡をお願いします。

<ドルトムントのMF香川真司>4月の大爆発を米メディア絶賛!監督のリバプール戦起用法を断罪「EL敗退は温存が影響」

<ドルトムントのMF香川真司>4月の大爆発を米メディア絶賛!監督のリバプール戦起用法を断罪「EL敗退は温存が影響」
1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/05/05(木) 07:01:27.69 ID:CAP_USER9.net
■絶好調のドルトムントで月間2位の高評価
 
ドルトムントの日本代表MF香川真司はシーズン最終盤となった4月に入り、絶好調をキープしている。
今年初めに一時出番を失った鬱憤を晴らすかのような猛烈な活躍で、今季最高のフォームを披露していると米メディアに高く評価されている。

米スポーツ情報サイト「ブリーチャー・レポート」では、「ボルシア・ドルトムントの4月トップ5ランキング」と題して、ブンデスリーガ2位のドルトムントを特集。
香川はそこで2位に選出されている。5位はFWアドリアン・ラモス、4位はMFマルコ・ロイス、3位はDFマッツ・フンメルスというハイパフォーマンスを残している実力者よりも上位に格付けされた。
1位は今季23得点32アシストという圧倒的な成績を残している「10番」のMFヘンリク・ムヒタリアンだった。

香川は4月に行われた公式戦8試合のうち7試合に出場。特にリーグ戦では4試合連続フル出場中で、4得点2アシストを記録するなど出場したすべての試合で得点に絡んだ。

現在の香川の活躍ぶりは、4得点7アシストを記録した前半戦の充実ぶりを凌ぐと評されている。

「4月はシンジ・カガワにとってまず間違いなく今季最高の月だ。2016年に入ってこれといった大きなファクターではなかったが、日本代表のプレーメーカーはこの数週間に急上昇した」

■トゥヘル監督のリバプール戦起用法を断罪
 
先月の公式戦で、唯一の欠場となったのは、7日のUEFAヨーロッパリーグ(EL)準々決勝第1戦のリバプール戦(1-1)だった。ホームでドローを演じたドルトムントは、
敵地での第2戦で一時3-1とリードしながら、3-4の大逆転負けを喫して、ベスト8で敗退となった。

記事では「今となっては後の祭りだが、トーマス・トゥヘル監督はこの背番号23にチャンスを与えるべきだった」と指揮官を断罪。
敗因の一つは、香川を90分間ベンチに置いたことだと指摘している。結果論とはいえ、香川の影響力は大きいと考えられているようだ。

5-1と大勝した前節(4月30日)のヴォルフスブルク戦では、開始10分足らずで1得点1アシストと大暴れ。
地元メディアからマン・オブ・ザ・マッチやベストイレブンに選ばれる活躍を見せるなど躍動した。
リーグ戦は残り2試合で、首位バイエルン・ミュンヘンとの差が5ポイントと逆転優勝は厳しい状況だが、バイエルンとのDFBポカール決勝も控えている。

ドルトムントはタイトル奪取のために、トップ下で輝く「小さな魔法使い」の活躍は不可欠と言えそうだ。

Soccer Magazine ZONE web 5月4日(水)23時27分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160504-00010021-soccermzw-socc

Ranking Borussia Dortmund\\\'s Top 5 Players for April
http://bleacherreport.com/articles/2637563-ranking-borussia-dortmunds-top-5-players-for-april/page/5

写真


ボルシア・ドルトムント日本語公式HP
http://www.bvb.jp/

続きを読む

韓国メディアがレスター岡崎と孫興民を比較「彼の移籍金は孫の3分の1だが、立場は逆転した」

韓国メディアがレスター岡崎と孫興民を比較「彼の移籍金は孫の3分の1だが、立場は逆転した」
1 :YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/05/05(木) 19:36:10.20 ID:CAP_USER9.net
2人の1年目を比較

イングランドプレミアリーグを制したレスターに対し、世界中から賛辞の言葉が鳴り止まない。
アフリカがウェズ・モーガンやリヤド・マフレズを誇りに思うように、
アジアもまたレスターの“アジア人”を誇りに感じているのだろう。

韓国メディア『スポーツ東亜』は5日、「プレミア制覇で株を上げた岡崎慎司、
そしてソン・フンミンにも挽回のチャンスはある」と銘打ち、昨夏に揃ってドイツからイングランドへ
上陸を果たした2人のアジア人は「明暗が分かれた」と分析。
岡崎が稲本潤一と香川真司に続く3人目のプレミアリーグ優勝者だと紹介し、
彼の所属するレスターに優勝をもたらしたのは「皮肉なことにソン・フンミンのトッテナムだった」と綴っている。
また同メディアはこの両アタッカーを次のように比較した。

「ソン・フンミンと岡崎には共通点がとても多い。2人とも韓日を代表するスターストライカーで、今季ブンデスからプレミアへ渡った。
ソンはアジア人史上最高額となる2200万ポンドもの移籍金でトッテナム入りし、
岡崎はソンのわずか3分の1の約825万ポンドという移籍金でレスターへ移籍している。
しかし今季をもって2人の立場は完全に逆転した。岡崎はチームを優勝させただけでなく、
日本人のプレミアリーグに対する苦手意識を克服してみせたのだ。
イングランドで優勝を達成した香川や、アジアレジェンドのパク・チソンが不動のレギュラーではなかったことを考えると、
岡崎は主力選手としてプレミアを制覇した最初のアジア人といえる。
彼はわずかに5得点を挙げたのみだが、記録上では認識されない貢献と、利他的なプレイが多く見られた。
バーディが得点力を発揮できたのも岡崎による犠牲のおかげだ。そしてそれはまさしくパク・チソンを連想させた」

岡崎への称賛を続けた『スポーツ東亜』だったが、もちろん自国の看板アタッカーへの期待も述べている。

「ソン・フンミンはまだ若く、今後は五輪やW杯予選など忙しい日程が待っている。
プレミアリーグ初年度は岡崎慎司にリードを許したが、挽回する時間はたっぷりとある」

2人の輝かしいアジア人が、世界最高峰のリーグで健全な競争を見せている。
もちろんこの激しい凌ぎ合いは、今後も両国のサッカー界を大いに盛り上げることになりそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160505-00010026-theworld-socc

続きを読む

本田、途中交代で伊メディアから酷評「ミランのスローダウンに貢献した」

本田、途中交代で伊メディアから酷評「ミランのスローダウンに貢献した」
1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/05/02(月) 01:36:17.06 ID:CAP_USER9.net
【ミラン 3-3 フロジノーネ セリエA 第36節】

イタリア・セリエA第36節が現地時間の1日に行なわれ、日本代表FW本田圭佑が所属する6位ミランはホームで19位フロジノーネと対戦し3-3と引き分けに終わった。

この試合で先発出場を果たした本田は64分にFWルイス・アドリアーノと途中交代でピッチを退いている。

イタリア『スカイ・スポーツ』『ミランニュース.it』『トゥットメルカートウェブ』は揃って「5.0」の採点を付け酷評した。
「ぼんやりしていた」とエラス・ヴェローナ戦に比べてパフォーマンスが低下していたことを指摘し、
「チームのスローダウンに貢献した」と辛辣な評価を下している。

クリスティアン・ブロッキ新監督が就任し直後のサンプドリアに勝利したミランだが、前節は最下位エラス・ヴェローナに敗北、
今節も19位フロジノーネに3失点と散々な内容で引き分けている。
今節の結果によってサッスオーロに抜かれヨーロッパリーグ(EL)出場権が遠のく7位に陥落した。これによりコッパ・イタリア決勝でユベントスに敗れた場合は、ミランはELに出場することができない。

本田自身はアドリアーノ・ガッリアーニCEOが残留を明言しているが、クラブ買収も含めて未来は不透明な状況だ。
果たして本田は今季の残り公式戦3試合を満足のいくパフォーマンスで終えることができるのだろうか。

【得点者】
2分 0-1 パガニーニ(フロジノーネ)
44分 0-2 クラグル(フロジノーネ)
50分 1-2 バッカ(ミラン)
54分 1-3 ディオニージ(フロジノーネ)
74分 2-3 アントネッリ(ミラン)
90分 3-3 メネズ(ミラン)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160502-00010000-footballc-socc
フットボールチャンネル 5月2日(月)1時13分配信

続きを読む
記事検索
QRコード
QRコード