相互リンク募集中
記事内のコメントまたは、サイドバーのメッセージより連絡をお願いします。
サッカーRSS
サッカー以外のRSS

<60分の決定機逸>。なぜ柴崎のクロスは大迫に合わなかったのか?【ロシアW杯】

<60分の決定機逸>。なぜ柴崎のクロスは大迫に合わなかったのか?【ロシアW杯】
1 :Egg ★:2018/06/25(月) 12:37:16.89 ID:CAP_USER9.net
「あまり見えてはいなかった



2−2で引き分けたセネガル戦で悔やまれたのは、1−1で迎えた60分のシーン。右サイドの深い位置から柴崎岳がグラウンダーのクロスをゴール前に蹴り込む。それを走り込んできた大迫勇也が右足で合わせるかと思いきや、まさかの空振り。この試合を観戦していた全ての人たちが頭を抱えたに違いない。「なぜ、決めないんだ!!」と。
 
 柴崎のクロスは完璧に見えた。ただ、彼にそのクロスについて「イメージ通りだったか」と訊くと、意外な答が返ってきた。
 
「(ゴール付近は)あまり見えてはいなかったですけど、走り込んでくれることを、まあ、前半から大迫選手はニアに狙っているという部分がよく見えていたので。そこを狙っているだろうなっていう部分、まあうまく、クロスを上げられたと思います」
 
 柴崎も言うように、クロス自体は素晴らしいのだ。しかし、それが合わなかった理由のひとつには、柴崎が大迫を「あまり見えていなかった」ところにある。あくまで大迫の動きを予測してのパスだったのだ。それが、あのほんの少しのズレにつながったという見方もできなくはない。

【PHOTO】現地直送! ロシアW杯を彩る「美しすぎる」世界のサポーターたち

 ドーピング検査の関係でこの日は大迫がミックスゾーンに現われなかったので話が聞けなかったが、“大迫サイドの視点”から見たらまた違う真実が浮かび上がってくるかもしれない。
 
 いずれにしても、あまり見えずにあのクオリティの高いパスとは……。柴崎、恐れ入る。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

サッカーダイジェスト6/25(月) 6:07配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180625-00042833-sdigestw-socc

続きを読む

小柳ルミ子さん 「本田圭佑のごっつぁんゴール素晴らしかった!!」

小柳ルミ子さん 「本田圭佑のごっつぁんゴール素晴らしかった!!」
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2018/06/25(月) 14:49:44.28 ID:cKnH4jwp0●.net ?2BP(2000)

78分に生まれた本田の同点ゴールに対しては、「本田選手の  ごっつぁんゴール あそこに詰めてた本田選手も良かったが
 何と言っても 乾選手のパスが素晴らしかった!!」とゴールネットを揺らした本田よりも、乾のアシストをより評価する視点を披露。

 さらに、
「GKの動きを見て 取れない角度とスピードで 冷静に正確なアシストをしてくれた 乾選手の 1ゴール  1アシスト 2得点に絡む貢献?? 私は嬉しいよ」
 と自身の分析を交えながら、再び乾をベタ褒めした。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180625-00042894-sdigestw-socc

続きを読む

【サッカー・本田△】本田圭佑、3大会連続アシストはアジア史上初 サッカー界の歴史に名を刻む

【サッカー・本田△】本田圭佑、3大会連続アシストはアジア史上初 サッカー界の歴史に名を刻む
1 :ばーど ★:2018/06/20(水) 08:20:44.58 ID:CAP_USER9.net
本田圭佑はアジアサッカー界の歴史に名を刻んだ


【日本 2-1 コロンビア ロシアワールドカップ・グループリーグH組第1節】

 ロシアワールドカップのグループリーグ初戦が現地19日に行われ、グループHの日本代表はコロンビア代表に2-1で勝利を収めた。

 この試合の後半、途中出場でピッチに立ったMF本田圭佑が日本に決勝点をもたらす活躍を見せた。左コーナーキックから大迫勇也のゴールをアシストしている。

 殊勲の1アシストは、本田の名前を日本サッカー界の歴史に刻むこととなった。3大会連続となるワールドカップ出場を果たした背番号4は、日本代表史上初めて3大会連続でアシストを記録した選手となった。

 本田は自身初のワールドカップとなった2010年の南アフリカ大会、グループリーグ最終戦のデンマーク戦で勝利を決定づける岡崎慎司のゴールをアシストした。利き足でない右足で見事なコントロールを見せてペナルティエリアに侵入し、相手DFに引きずられながら岡崎にラストパスを通した。

 自身2度目のワールドカップとなった2014年のブラジル大会も、グループステージ最終戦で岡崎のゴールをアシストした。試合には1-4で敗れたが、前半終了間際にクロスで岡崎のダイビングヘッド弾を演出していた。

 そして今回、ロシアでは大迫のゴールをコーナーキックでお膳立てし、3大会連続のアシストを達成。これは日本代表史上初であるばかりか、アジア人として初めての記録だった。歴史に名を刻んだ本田には、このあとに続くセネガル戦やポーランド戦でもチームを勝利に導く決定的な活躍に期待が集まる。

2018年06月20日(Wed)1時53分配信
フットボールチャンネル
https://www.footballchannel.jp/2018/06/20/post276060/

関連スレ
【サッカー】本田圭佑にネット 「今までゴメン 本田△」手のひら返し 大迫の「半端ない」決勝点アシスト 勝ち越し点に
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529448230/

続きを読む
記事検索
QRコード
QRコード