相互リンク募集中
記事内のコメントまたは、サイドバーのメッセージより連絡をお願いします。
サッカーRSS
サッカー以外のRSS

<DF内田篤人(鹿島アントラーズ)>W杯ベルギー戦に言及!「美化は良くない」

<DF内田篤人(鹿島アントラーズ)>W杯ベルギー戦に言及!「美化は良くない」
1 :Egg ★:2018/08/21(火) 23:51:44.64 ID:CAP_USER9.net
長谷部誠(フランクフルトMF)や長友佑都(ガラタサライDF)ら「30代おっさん世代」の活躍で16強入りしたロシアW杯から1カ月。本来ならば、彼らとともに日本代表としての集大成を迎えるはずだった日本人選手屈指の右SB内田篤人(鹿島)が再起に全力を注いでいる。今季8年ぶりに常勝軍団に復帰したが、右ひざ負傷に苦しんでJ9試合出場にとどまっている。それでも彼は「(15年6月に)手術してから1〜2カ月(チームを)抜けずにチーム練習をやれることがなかった。今が一番手応えがある」と前向きに語り、28日のACL・天津権健(中国1部)戦に照準を合わせている。鹿島の練習場で内田の胸中を直撃した。

 ◇  ◇  ◇

 内田の古巣復帰で2年ぶりのJ1王者奪還に近づくとみられた鹿島だったが、今季は開幕から苦境にあえいだ。11位でW杯中断期間を迎えるとは想定外だっただろう。

 7月18日のJ1再開前には、ロシアW杯組のDF植田直通がベルギー1部のサークル・ブルージュに移籍。7月末にはエースFW金崎夢生も鳥栖へ赴き、守備の要であるロシアW杯主力メンバーDF昌子源も負傷離脱。内田自身も先発から遠ざかり、このところ若手中心の陣容で戦わざるを得なくなっている。

「前半戦はロシアW杯を本気で狙い、剛(大岩監督)さんも後押ししてくれて先発で思い切って使ってくれた。けど90分持たずに代わる場面が多かった。今は練習も長くできてるし、スプリントもできるようになってきている。ドイツでやってきたし、プレーの質には自信がある。コンディションの問題だけ」と完全復活間近だと考えている。

 その状態にあと半年早く持っていけたら……。

 そんな悔恨の念も少なからずあるはずだ。内田が3年前に右ひざ手術に踏み切ったのも、30歳で迎えるロシアW杯での完全燃焼を期したから。日本復帰を決意したのも試合出場機会を増やし、ベストな状態に持っていきたかったからである。

つづく

8/21(火) 10:02日刊ゲンダイ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00000017-nkgendai-socc

写真


続きを読む

フローニンゲンMF堂安律が開幕節でゴール! 貴重な同点弾も…/エールディビジ第1節

フローニンゲンMF堂安律が開幕節でゴール! 貴重な同点弾も…/エールディビジ第1節
1 :豆次郎 ★:2018/08/12(日) 22:48:36.46 ID:CAP_USER9.net
8/12(日) 22:17配信
堂安が開幕節弾!
フローニンゲンMF堂安律が開幕節でゴール! 貴重な同点弾も…/エールディビジ第1節

フローニンゲンの日本人MF堂安律が今季リーグ戦初ゴールを決めた。

フローニンゲンは12日、エールディビジ開幕節でフィテッセとのアウェイ戦に臨んでいる。フローニンゲンは22分に先制される苦しい展開を強いられたが、38分に堂安がボックス右からの味方の折り返しに正面で合わせてゴール。貴重な同点弾を記録した。


しかし、フローニンゲンは前半終盤の44分に失点。現在、前半が終了して1点のビハインドを背負っている。後半も堂安のプレーに期待がかかる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00010005-goal-socc

続きを読む

<武藤嘉紀(ニューカッスル)>初陣を英紙高評価!「10分間の名演技で活発なパフォーマンス」監督へのアピールにも成功

<武藤嘉紀(ニューカッスル)>初陣を英紙高評価!「10分間の名演技で活発なパフォーマンス」監督へのアピールにも成功
1 :Egg ★:2018/08/12(日) 20:55:48.63 ID:CAP_USER9.net
ニューカッスル・ユナイテッドの日本代表FW武藤嘉紀は、現地時間11日に行われた本拠地トットナム戦(1-2)の後半36分から途中出場し、日本人8人目となるプレミアリーグデビューを飾った。現地メディアでは約10分という短い時間ながらも「活発なパフォーマンス」と高い評価を受け、ラファエル・ベニテス監督へのアピールにも成功したと報じられている。

【動画】日本代表FW武藤嘉紀がプレミア開幕戦でデビュー! 前線で鋭い動きを披露
https://www.football-zone.net/archives/127844/3?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=127844_6

「ベンチからのニューボーイズが輝き、ラファ・ベニテスがストライカーのジレンマを抱える」

 こう特集したのは英紙「The Sields Gazette」だ。ニューカッスルは開幕戦で最前線にFWホセル、その背後にセカンドトップとしてFWアジョセ・ペレスというスペイン人コンビを起用したが、途中出場したベネズエラ代表FWサロモン・ロンドンや武藤も好印象を残したようだ。

 ホセルは前半11分に、一時同点となるヘディングシュートを決めて期待に応えた。1点ビハインドを背負ったこともあり、後半に入るとホセルに代えてロンドン、ペレスに代えて武藤が投入された。

 ロンドンは自慢のフィジカルの強さを見せ、バー直撃の惜しいシュートも放った。出場時間が最も短かった武藤もシュートこそなかったが、持ち前の走力でアピール。限られたポジションを争うアタッカー陣が、それぞれに持ち味を発揮した。

 武藤に関して、ベニテス監督も「彼は我々が期待していたとおりにトライしていた」とポジティブに評価。「彼とロンドン、ホセル、アジョセとタイプの異なるストライカーがいることはチームにとっていいこと」とも語った。

「彼は他とは違うスパークを提供できる」

 そして、武藤がチームメイトと理解を深めることが必要になると念押ししたうえで、「彼はもっと良くなるだろう。彼は我々に希望やスピード、モビリティーを与えてくれる。ストライカーたちにとって重要になると思う」と期待を口にした。

 また、記事の中では「日本代表は10分間の名演技で、活発なパフォーマンスだった。彼は他とは違うスパークを提供できるということを強調していた」と武藤は高い評価を受けている。新天地で背番号13を背負う武藤は激しい競争を勝ち抜き、レギュラーポジションを手にすることができるだろうか。

8/12(日) 13:50配信 フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180812-00127844-soccermzw-socc

写真


続きを読む
記事検索
QRコード
QRコード