相互リンク募集中
記事内のコメントまたは、サイドバーのメッセージより連絡をお願いします。
サッカーRSS
サッカー以外のRSS

「柴崎岳をドン底から救った」真野恵里菜、とんでもないアゲマンだった

「柴崎岳をドン底から救った」真野恵里菜、とんでもないアゲマンだった
1 :胸のときめき ★ :2018/07/13(金) 23:03:03.52 ID:CAP_USER9.net
サッカー日本代表の有望株である柴崎岳を射止めた女優の真野恵里菜。業界屈指の美男美女ペアとなった2人だが、その陰に後者の“アゲマン”としてのパワーがあったことは言うまでもないだろう。

 過去には女優の桐谷美玲とも熱愛を噂された“稀代のモテ男”柴崎が、真野との交際をスタートさせたのは2016年秋のこと。当時鹿島アントラーズに在籍していた柴崎は彼女と出会うや否や、
同年末のクラブW杯で世界的名門チームであるレアル・マドリードから2ゴールを奪う活躍を見せると、スペインのテネリフェへと移籍。“日本代表に逸材アリ”として多くのメディアから注目をかっさらった。

「真野と出会ってトントン拍子にその評価を急上昇させた柴崎ですが、2017年1月に加入した新天地のテネリフェでは慣れない環境への適応に苦しみ、不安障害を患っていると報じられました。
デビューどころか練習にすら参加できない日々が続き、選手生命の危機も懸念される事態となりましたが、3月18日になってようやく初出場。その後は順調にコンディションを回復させましたが、
この苦しんだドン底の時期に彼を支えたのが真野の存在だと囁かれており、数カ月後にはさらなるステップアップとなるヘタフェへの移籍が決まっています。真野の支えがなければ、今頃柴崎の才能が存分に発揮されずに終わっていた可能性もあるため、真野に感謝しているファンもいるほど」


https://www.asagei.com/excerpt/108414

続きを読む

平愛梨、息子とディズニー満喫 夫・長友佑都と同様の見事な金髪が「めちゃ目立ちそう」

平愛梨、息子とディズニー満喫 夫・長友佑都と同様の見事な金髪が「めちゃ目立ちそう」
1 :サイカイへのショートカット ★:2018/07/09(月) 11:52:24.90 ID:CAP_USER9.net
平愛梨、息子とディズニー満喫 変装なしの金髪が「めちゃ目立ちそう」
7/9(月) 6:30配信 クランクイン!
https://www.crank-in.net/news/57304/1
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00057304-crankinn-ent

息子とディズニーを楽しんだ平愛梨




タレントで女優の平愛梨が7日、自身のインスタグラムを更新し、長男と東京ディズニーランドへ行ってきたことを報告。夫・長友佑都と同様の見事な金髪に、ファンからは「金髪めっちゃ似合う」「絶対目立つ!笑」などのコメントが寄せられた。

「東京ディズニーランドに行ってきました! いつかバンビーノとディズニーデビューしたい!と思ってましたが!!まさか、こんなに早く実現するなんて☆」というコメントともに投稿されたのは、平が東京ディズニーランドを満喫している姿。金髪&赤いブラウスとドット柄のスカートという出で立ちで、2月に出産した長男と、東京ディズニーランドを楽しんだようだ。

さらに彼女は「手を洗おうとしたらハンドウォッシュがミッキー型 手を平らにしてワンプッシュ!こんなところにも小さな魔法」とコメントし、ミッキーがあしらわれたハンドウォッシュと、そこから出てきたミッキー型のハンドソープの泡に驚いたようで、写真付きで感動ぶりを表現した。

変装することなく夢の国を楽しんだ平の姿に、ファンからは「金髪めっちゃ似合う」「まじで可愛すぎて目立ちます」というコメントや「その頭と服は絶対目立つ!笑」「人に気付かれたんじゃない!?」などの声が寄せられた。

続きを読む

<香川真司>「W杯16強クラックBEST11」に選出!ロナウドやメッシ、イニエスタらと並び、“理想の11人”に名を連ねる

<香川真司>「W杯16強クラックBEST11」に選出!ロナウドやメッシ、イニエスタらと並び、“理想の11人”に名を連ねる
1 :Egg ★:2018/07/08(日) 11:39:37.72 ID:CAP_USER9.net
ロナウドやメッシ、イニエスタらと並び、“理想の11人”に名を連ねる
 
ロシア・ワールドカップ(W杯)の戦いは準々決勝に突入。今大会はベスト16で2010年南アフリカ大会優勝のスペイン、
天才FWリオネル・メッシ擁するアルゼンチン、2016年欧州選手権王者のポルトガルが姿を消した。

海外メディアはベスト8に進めなかったチームからクラック(名手)のベストイレブンを選出。
メッシやポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドらと並び、日本代表MF香川真司が名を連ねた。

「彼らはすでに去った。これほどのタレントがもういない。ロシアW杯にはまだ多くの才能が残っているが…常に彼らのような名手を恋しくなるだろう」

こうツイッターでメッセージを綴ったのは、衛星放送「FOXスポーツ」メキシコ版だ。
同局は投稿で「ベスト8に進めなかったクラックの理想的ベストイレブン」と題した布陣図を公開。決勝トーナメント1回戦で姿を消した名手のなかから、ベストの11人を選出している。

フォーメーションは3-4-3で、守護神はブラジル戦でも好セーブを連発したメキシコのGKギジェルモ・オチョア。
最終ラインは右からコロンビアのDFサンティアゴ・アリアス、スペインのDFセルヒオ・ラモス、アルゼンチンのDFニコラス・オタメンディが並んだ。

中盤はデンマークMFクリスティアン・エリクセンとスペインMFセルヒオ・ブスケッツが中央でコンビを形成。
サイドにJ1ヴィッセル神戸への加入が決まっているスペインMFアンドレス・イニエスタと香川が配置された。

香川は今大会、ライバルのMF本田圭佑を抑えてトップ下のレギュラーに君臨。グループリーグ初戦のコロンビア戦では先制PKを決め、
決勝トーナメント1回戦ではベルギーの激しいプレッシャーにもほとんどボールを失わず、卓越したテクニックで懸命にゲームメークした。

3トップはメッシとロナウドの二大巨頭に加え、センターフォワードにコロンビアFWラダメル・ファルカオが入った。
世界のスター選手が揃うなかでの香川の選出は、世界的な評価を高めたという意味で価値があるものと言えるだろう。

7/7(土) 20:40配信 Football ZONE web
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180707-00120074-soccermzw-socc

写真


続きを読む
記事検索
QRコード
QRコード