相互リンク募集中
記事内のコメントまたは、サイドバーのメッセージより連絡をお願いします。
サッカーRSS
サッカー以外のRSS

<柴崎岳>デポルティボ・ラコルーニャ移籍加入が発表! 1部昇格の場合、ヘタフェには2億5000万円が支払われる見込み

<柴崎岳>デポルティボ・ラコルーニャ移籍加入が発表! 1部昇格の場合、ヘタフェには2億5000万円が支払われる見込み

1 :Egg ★:2019/07/18(木) 09:24:17.71 ID:WV6+e53O9.net
スペインのデポルティボ・ラコルーニャが14日、同クラブの公式ウェブサイトや、公式ツイッターなどで日本代表MF柴崎岳の加入を発表した。

 柴崎自身もツイッターで今回の移籍を発表している。

7/14(日) 19:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-00000114-dal-socc

・デポルティボ柴崎は「偉大な才能の一つ」 ヘタフェとの“変則契約”も現地メディア指摘

2018-19シーズンまでヘタフェに所属した日本代表MF柴崎岳は、リーガ・エスパニョーラ2部のデポルティボ・ラコルーニャへの加入が決まった。かねて獲得の噂があった古豪への完全移籍となったが、スペインメディア「VAVEL」がその契約内容を取材し、リーガ昇格の際に払うという変則形式になっているようだ。

「デポルティボ・ラコルーニャは、スタッフの再構築を続けている。そのなかでガク・シバサキは、夏の移籍市場におけるデポルでの4人目の強化となった。才能のある日本人が中盤に質と経験をもたらしてくれるだろう」

 記事では、柴崎加入をこのように紹介している。2018-19シーズンを6位で終え、昇格プレーオフを勝ち残れなかったデポルティボは、2シーズン連続での2部での戦いとなる。そこで安定した成績を残すために、柴崎に白羽の矢を向けたようだ。

「ガクは万能の選手だ。デポルは創造的で、中央でプレーできる。彼の遊び心、パンチ力、視野の広さは、2部では偉大な才能の一つだろう。また守備的なアヘル・アケチェが加入したことは、シバサキが護衛されながら中盤できる可能性がある。

 2016-17シーズン、日本人MFがテネリフェでリーガデビューした。そしてクラブワールドカップ2016の決勝でレアル・マドリードに立ちはだかった鹿島に所属。テネリフェでの終盤でのプレーぶりは、2シーズンを過ごしたヘタフェとの契約の決め手となったほどだ」

 このように柴崎の実績を記すとともに、注目しているのはデポルティボとヘタフェの契約条項についてだ。「シバサキについて、デポルは昇格した際のみヘタフェに200万ユーロ(約2億5000万円)を支払わなければならない」と、1部復帰すればヘタフェにとっても有益な移籍になるようだ。

 デポルティボは1990年代後半から2000年代初頭にかけて、鮮やかなカウンターアタックを軸に「スーペル・デポル」の異名でUEFAチャンピオンズリーグで奮闘するなど一時代を築いた。復権を目指すクラブにあって、柴崎は新たな象徴となれるのか。注目が集まる。

7/18(木) 6:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190718-00204293-soccermzw-socc

写真


1 Egg ★ 2019/07/14(日) 20:02:56.94
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1563102176/

美容・コスメまとめカフェ続きを読む

<中島翔哉>ポルトガル復帰が濃厚!強豪ポルトとの事前合意を現地一斉報道...★2

<中島翔哉>ポルトガル復帰が濃厚!強豪ポルトとの事前合意を現地一斉報道...★2

1 :Egg ★:2019/06/27(木) 21:07:49.25 ID:VXJSD83v9.net
日本代表MF中島翔哉はポルトガルリーグに復帰することになるようだ。現地メディアは同国の強豪であるポルトとすでに合意に達しているとの見方を強めている。

 ポルトは中島がポルティモネンセでプレーしていた時から興味を示していたと言われるクラブ。アルドゥハル移籍後も定期的に調査を進めていたようだ。

 そして26日に同国で報道された「メルガド」という番組で、事前合意が伝えられた模様。これを受けて、『レコード』は「中島と事前合意しており、来シーズンに中島はポルトガルへ戻ることになるだろう」と報道。『desporto.sapo』も事前合意とともに、クラブは契約が切れるFWヤシン・ブライミの代役として期待していると伝えている。

 ポルトはポルトガルのビッグ3と呼ばれる強豪クラブの一つで、国内リーグ優勝は28回。UEFAチャンピオンズリーグも2回制している欧州屈指のクラブだ。リーグ戦で連覇を狙った昨シーズンは惜しくも2位に終わっていた。

ゲキサカ6/27(木) 12:23配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-43468705-gekisaka-socc

写真


1 Egg ★ 2019/06/27(木) 13:15:57.39
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1561608957/

続きを読む

<柴崎岳>若手の台頭と競争の激化を歓迎!東京五輪世代は「僕らに食ってかかっていくべき」

<柴崎岳>若手の台頭と競争の激化を歓迎!東京五輪世代は「僕らに食ってかかっていくべき」

1 :Egg ★:2019/06/26(水) 05:03:27.54 ID:Ja8Afezh9.net
同じ引き分けでも、ウルグアイ戦とは終了後の状況は全く異なる。現地24日に行われたコパ・アメリカ2019(南米選手権)のグループリーグ第3節で、日本代表はエクアドル代表と1-1で引き分けた。

 各組3位のうち成績上位2チームも決勝トーナメントに進出できるが、グループCで3位になった日本は、グループBで3位担ったパラグアイ代表に得失点差で及ばず。あと一歩のところでコパ・アメリカ決勝トーナメント進出を逃した。

 試合後、今大会でチームキャプテンを務めたMF柴崎岳は「残念ですね。勝つチャンスは十分あったと思うし、それをモノにできなかった僕らの力不足だと思います。誰がというわけじゃなくて、チームとしての力のなさだと思いますし、(チャンスを)ものにしなければ決勝トーナメントに進めないので、これが現時点での実力だと思います」とドロー決着によるグループリーグ敗退を悔やんだ。

 大会中、柴崎はキャプテンやリーダーとしての自覚のみならず、チーム全体や若手選手に対する考えもまっすぐに語ってきた。そしてコパ・アメリカを終えた今、改めて次世代の選手たちへの思いを口にする。

「試合ごとに成長していく彼らの姿を、僕だけじゃないですし、メディアの皆さんも見ていたでしょうし、これを大きな財産として成長しなければいけないと思う。A代表でプレーしている身としては、今いる僕らの世代に食ってかかっていくべき世代だと思いますし、そういった競争力を生むことが選手層の厚さにもつながってくる。

ワールドカップの時も言ったんですけど、やっぱり23人誰が出ても同じくらいのパフォーマンスの選手が揃わないと、勝つことはもちろん不可能だと思うので。現にそれでロシアワールドカップも勝てなかったし、バリエーションの少なさという意味では。なので、いろいろな選手が下からくるのはいいことだと思いますし、そうならなければいけないとは、個人的には思っています」

 東京五輪世代の若手の中にも、本気の南米の選手たちと互角かそれ以上に渡り合える力を持った者は確実にいた。その勢いのまま、柴崎らA代表のフルメンバーに挑戦状を叩きつけられるか。森保ジャパンの競争は、コパ・アメリカを経てさらに激しさを増していく。

6/25(火) 22:43 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190625-00328158-footballc-socc

写真

アルビレックス新潟@応援隊長
続きを読む
記事検索
QRコード
QRコード