相互リンク募集中
記事内のコメントまたは、サイドバーのメッセージより連絡をお願いします。

平愛梨 長友「やはり素敵でした」 ブルガリア戦観戦後にアモーレブログ

平愛梨 長友「やはり素敵でした」 ブルガリア戦観戦後にアモーレブログ
1 :YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/06/03(金) 23:36:21.38 ID:CAP_USER9.net
日本代表DF、長友佑都(29)=インテル・ミラノ=との結婚を前提にした真剣交際が2日に明らかになった女優、
平愛梨(31)が3日、豊田スタジアムでキリン杯の日本−ブルガリア戦を観戦した。
試合後は、スタンドの平が笑顔で手を振り、長友が平に向かい、両手でハートマークを作るなど堂々の
“アモーレ”ぶりを披露。平は観戦後にブログも更新し、長友について「やはり素敵でした」とつづった。

 試合後に更新したブログで、平は「なんだろう、この気持ち、感覚…今なら体重が軽い気がしてならない!!
地に足ついてないような…凄かった!!私もサッカー大好きなので観戦は何度かしたことありましたが
今日の試合は特別に凄かったです!!」と興奮を抑えきれない様子。

 「スタジアムの大きさ、選手の皆様の大きさ、感動でしかないです!!いや、感激もあります!!
長友さんの足の速さ、明確にボールをパスする姿、守るという責任の強さ、やはり素敵でした」と堂々の交際宣言後、
観客からも祝福されながら生で見た長友についても感激した様子でつづった。

 この日は、恋のキューピッドだったタレント・三瓶(39)、妹で女優・平祐奈(17)とともに2階ボックスシートで観戦。
長友が前半、香川のヘディングによる2点目をアシストした際は、飛び跳ねるように手を叩き、関係者とハイタッチで喜んだ。

 観客からも祝福の声援を受けたようで、「スタジアムにいらっしゃった関係者の方々や皆様、
手を振って下さったあの笑顔、忘れません。凄かったーーー!!」と感激していた。


観戦を終えて!! 平愛梨オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/taira-airi/entry-12167089961.html?timestamp=1464962648

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160603-00000117-dal-ent

続きを読む

<清武弘嗣>ヨーロッパリーグ王者のセビージャが獲得に関心!契約に含まれる例外条項の移籍金650万ユーロも支払う用意

<清武弘嗣>ヨーロッパリーグ王者のセビージャが獲得に関心!契約に含まれる例外条項の移籍金650万ユーロも支払う用意
1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/06/01(水) 10:40:11.93 ID:CAP_USER9.net
大衆紙ビルトが得た情報によれば、ヨーロッパリーグ王者のセビージャが清武弘嗣の獲得に関心を抱いており、契約に含まれる例外条項の移籍金650万ユーロも支払う用意があるようだ。

なおこの例外条項の期日は5月末とみられていたものの、kickerが得た情報によれば6月末日までとなっている。

清武に対してはこれまで、ヨーロッパリーグ出場権(プレーオフ)を獲得したヘルタ・ベルリンをはじめ、

ケルン、さらにこれからユーロに出場するトルコ代表チャルハノールに代わるオプションとしてチャンピオンズリーグ出場権をもつレバークーゼンからの関心が伝えられたが、

そのレバークーゼンにケヴィン・フォランドを失ったホッフェンハイムも、ビルト紙によれば清武に関心を示しているとのこと。

現在日本代表に参加中の清武は、今季は負傷もあってリーグ戦21試合に出場、5得点7アシストをマークしている。(kicker採点平均3.33)

http://kicker.town/hannover/2016/06/27610.html

続きを読む

<ACミラン>ミラニスタ号泣必至!復活の至宝エル・シャラウィがローマ完全移籍でクラブ間合意

<ACミラン>ミラニスタ号泣必至!復活の至宝エル・シャラウィがローマ完全移籍でクラブ間合意
1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/05/29(日) 20:04:38.39 ID:CAP_USER9.net
半年間で8得点2アシストと大爆発 移籍金17億円の分割払い決定と伊紙報じる

 かつて”ミランの至宝”とまで呼ばれた男が、完全にチームを離れることになった。ACミランからローマに期限付き移籍中のイタリア代表FWステファン・エル・シャラウィの完全移籍オプション行使について、クラブ間合意に達したことが分かった。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

 今季の開幕前に、エル・シャラウィはフランスリーグのモナコへ買い取り義務のオプションが付いた期限付き移籍をした。順調なスタートを切ったかに思われたが、契約上の買い取りラインになる公式戦25試合出場を直前にした24試合出場時点でモナコが買い取りを拒否。残り試合に起用しない声明を出して、冬の移籍市場でミランに“返品”された。そこでローマが動き、すぐさま1300万ユーロ(約17億円)の買い取りオプション付きの半年契約で獲得していた。

 そこから、エル・シャラウィは復活した。ハーフシーズンにも満たないわずか16試合の出場ながら、8ゴール2アシストをマーク。後半戦のローマ躍進の主役となり、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得したローマの原動力になった。最終節のミラン戦ではサン・シーロのピッチでゴールも決めた。そこでも、派手なゴールパフォーマンスをするでもなく、両手を広げて「落ち着け」とばかりに味方を制した。こうした行動により、試合後にはミラニスタからも大喝采を受けていた。

 ローマとミランの間では買い取りオプションについて協議がなされたが、ローマは当初減額を求めていた。しかし、ミランも財政状態が単年で100億円規模の赤字という火の車状態のなか、簡単に首をタテに振ることはできず、交渉が続いていた。

ロマニョーリ獲得時も5年間の分割払いに

 しかし、ここでミランとローマの間では17億円を分割払いにすることで合意に至ったという。今季開幕前にミランはローマからDFアレッシオ・ロマニョーリを移籍金2500万ユーロ(約33億円)で獲得したが、その際の契約が5年間の分割払いだった。ミランは、同様に分割払いを求めるローマに対しては、それ以上強気に出ることはできずに了承。ここで合意に至ったという。

 最終的には本人サイドの確認が必要になるため、正式発表は6月10日に開幕する欧州選手権のイタリア代表の試合が終了してからになると見込まれる。

 エジプトの王である“ファラオーネ”の愛称を持つスピードスターは、ミランの希望の星だったが、故障に苦しみ続けた。3年連続で欧州のカップ戦出場権を逃したミランにとって、ローマで全盛期の輝きを取り戻したファラオーネの存在は古豪凋落の象徴となっていた。

 ミラニスタの心痛は計り知れないだろう。イタリア代表での活躍を手土産に、エル・シャラウィは来季から正式にローマの一翼を担うことになりそうだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160529-00010012-soccermzw-socc

続きを読む
記事検索
QRコード
QRコード